外科専門研修プログラム

外科専門研修プログラムについて

東京医科歯科大学の外科専門研修プログラムでは、大学の外科系診療科と、学外の連携施設が一体となって外科専門医の育成に取り組んでいます。本プログラムはサブスペシャリティー連動型のプログラムとなっており、専攻医は研修の初めに、「消化器・一般外科コース」、「心臓血管外科コース」、「呼吸器外科コース」、「外傷・救急外科コース」の4つのコースを選択し、自身の将来を見据えた研修を開始します。それにより外科専門医取得後は、それぞれのコースにおいて、円滑にサブスペシャリティー領域の高度専門研修に進むことができます。

大学の消化器・一般外科に所属する私ども消化管外科学分野では、「消化器・一般外科コース」を選択した専攻医が、専門研修プログラム3年目(医師5年目)付近を目安に入局し、消化器外科専門医およびさらに高度な専門医を目指して修練を継続しています。

詳細は、下記の外科専門研修プログラムのページをご覧ください。

↓東京医科歯科大学外科専門研修プログラムのページへのリンクはこちらです↓
https://www.tmd.ac.jp/med/surg/index.html

見学受付

外科に興味をお持ちの医学生、また外科医志望の初期研修医を対象に、見学受け入れをしております。本学の総合教育研修センターを通じてお申し込みができますので、下記のリンクをご確認ください。(COVID-19感染流行状況により、面談や見学形式が変動いたします。詳しくは、その都度メールによる連絡等で対応いたします。)

↓東京医科歯科大学総合教育研修センター 診療科見学申し込みページ↓
https://tmdu.jp/dpd/sinryouka.html

国立大学法人 東京医科歯科大学 消化管外科学分野
PAGE TOP