教授ご挨拶

平成29年9月1日付けで消化管外科分野教授を拝命致しました。

私のモットーは「すべての治療は患者のために」であります。そのためには、最新の知識と最高の技術を持って治療に当たらなくてはなりません。同様に「現在の治療成績に決して満足しない」を忘れず、今後も新しい手術法の開発を目指して参ります。

当分野では消化管(食道・胃・大腸)がんに対するロボット手術を施行し、その治療成績は国内外から高い評価を受けています。徳永准教授と絹笠は、胃がん、大腸がんに対するロボット手術のエキスパートとして多くの病院で手術指導を行っております。悪性疾患以外では、鼠径ヘルニアに対する鏡視下手術や、炎症性腸疾患に対する低侵襲手術の経験も豊富な医師が揃っています。消化管疾患に対して、高い技術と共に、質の高い低侵襲治療を患者さまに提供出来るよう、日々進歩し続けます。

職歴
平成10年 東京医科歯科大学卒業 腫瘍外科学分野(旧第2外科学講座)入局。
平成11年 蓮田病院
平成13年 国立がんセンター 中央病院 外科レジデント
平成16年 東京医科歯科大学 医学部 腫瘍外科学分野 医員
平成17年 札幌医科大学 解剖学第2講座 特別研究生
平成18年 静岡県立静岡がんセンター 大腸外科
平成22年 同 部長
平成29年 東京医科歯科大学大学院 消化管外科学分野 教授
平成30年 東京医科歯科大学医学部附属病院 低侵襲医療センター長

国立大学法人 東京医科歯科大学 消化管外科学分野
PAGE TOP